Month: 1月 2019

検便が昔に比べて随分便利になったと思います。

健康診断の日が近づき、検便キッドが送られてきました。私は便秘なのでちゃんと検便出来るかけっこうな悩みなんです。下剤を飲んで出した便でも検査結果に影響しないのだろうかと考え、いつになく張り切って水分をとることにしました。
必ずしも当日の朝に採らないといけないわけではなく、昔に比べて随分便利になったなと思います。さすがにマッチ箱に入れて学校に持って行ったことはないのですが、それでも何やら青いビニールに包んで輪ゴムで縛って持って行っていたことを思い出します。ブラシでツンツンするだけと言うのもありがたいですね。庭に新聞紙を敷いて頑張っていたことを思うと簡単になったなとつくづく思います。それでもトレールペーパーとやらでとるのは案外うまくいきません。トイレの水に便が浸かってしまうんです。変な菌が見つかったらどうしようとか考えてしまいました。予備のトレールペーパーも入れておいてくれたら良いのにといつも思います。なんでも欲をいえばキリがないですね。

まあ、地元と都内の民度の差を感じましたね。

 地元だと平気で方でぶつかって来たり避けないとかあったりしますが、都内はまったくそれがなかったです。某有名な量販店では、人が通るたび避けてくれますし、それに驚きました。老害が居ないというか嫌味じゃないんですね人がまったく民度の差を感じました。今日もそのすごさを感じました。ホントに人間が病んでる場所は病んでるなあと思いました。それだから、地元の老害はとか言われるんですよね。仕事していてもケチが多いですしクレーマーとか平気でいますから頭の出来でもあるのかなと思います。育ちが悪のでしょうね民度的なことを考えると普通にあり得ないと思いました。電車で普通に行ける距離であって隣なのにと思いましたね。仕事でも普通に車で行ったりしますが、その辺の差を感じます。そこに住んで暮らすしかできない自分さえよければいいという考え方が人間を狭くしてるのでしょうねそんな人が人を育てられる訳がないしハッタリ君ばかり産むんですよね。すごいなあと思いました。私は絵を通してでも天辺まで行きたいと思います。ロスミン リペアクリーム Amazon