Month: 4月 2018

結構JPXからっておおきいなぁって思った話

今日は、一気に2月権利の配当金が入ってきたのでかなりまとまったお金が入ってきました。それでも1万円くらいかな?って思いますけど、JPXから税金が引かれずにだいたい2500円くらい入ってきたのでこれはすごいなと。やはり、最近安い株が流行っていますけど、なんだかんだで大型株の方がいいよねって思ったりしちゃいます。
そんな中で、やはり大きなところが欲しいな?って思うのですが、今はどこを買おうかと悩んでいるところ。りそな銀行は最低ラインなのですが、せっかく配当金を再投資に回すので、どこか新しいところがほしいかなって思ったりしちゃってるところです。雑誌とかを見に行って、次の投資先を探しているところですが、なかなかいいところが見つかりません。投資家さんたちのブログとかを見てますが、どうしようかな?って考えてしまっているところです。気になるところは多少ありますが、IPOとかもあるので、まずはそっちからかなぁなんて思っているところです。脱毛ラボ ローン

俳優が役を演ずるとはどういうことなのかを説く先輩俳優の言葉に感激しました

今年のNHK大河ドラマは、西郷隆盛ということで、目下、今回の主演俳優の方や何十年も前に主役を演じられた俳優さんとの対談番組等が頻繁にテレビで放映されていますね。
私はこれまで、大河ドラマをまともに見たのは数回ぐらいしかないのですが、そうした対談の中で、かつて西郷隆盛を演じた俳優さん(西田敏之氏)が、ご自身の経験をもとに、今回の主演の方に、西郷を演じるにあたって、どういう心構えで臨んだらよいかをアドバイスされていました。そのアドバイスとは、「西郷をどう演ずるかを先に考えておくのではなく、西郷の生き方を追体験していけば、いつのまにか自分が西郷そのものに成っていたと感じる瞬間が必ず訪れる」という主旨のものでした。
役を演じた人にしか言えない深い言葉に感激しました。
気負い過ぎて、自分勝手に歴史上の人物を創造してしまうのではなく、その人物が自分のなかに自然に降りてくるのを待て、ということですね。

俳優の方たちはいつも真剣勝負で役を演じられていることに感銘を受けます。